売電価格が下がった今、太陽光発電に注目が集まっています!

こんにちは。


工場電気工事・省エネ工事を手掛ける岡山県瀬戸内市のミヨシ電工です。




まだまだ暑い夏が続いていますが、夏といえば「強い日差し」。


これを活かすのが、太陽光発電です。





しかし既にご存知のように、住宅用太陽光発電の売電価格(FIT価格)は年々下がり続け、2011年度の48円/kWhと比べて2018年度は26円/kWh、2019年度は24円/kWhと、10年も経たないうちに半額というところまできました。




「これじゃぁ元が取れないよ」と残念に思ってしまいますが、実はこれがそうでもありません。


太陽光発電システム1kWあたりの販売価格で見ると、2011年には50万円台後半だったのが、現在は30万円台。



性能も大幅に向上して発電量も増えていますので、実質的な収支としては10年前と変わらないか、それ以上のコストメリットがあります。




また性能の向上のほか、耐久性についても対策が進んでいます。


修理代や交換費用などの心配もかつてほど心配することなく、しかも万が一の交換の際も、周辺機器が10年前の半額近くまで値下がっている点も、導入しやすさのポイントです。




さらに補助金についても、まだまだ受け付けている自治体もあります。


残念ながら瀬戸内市では今年度の募集はありませんが、岡山市、倉敷市では募集中です。



太陽光発電について詳しく知りたい、わが家では何年で回収できるのか?などお知りになりたい方は、どうぞお気軽にミヨシ電工までご相談ください!




<ミヨシ電工へのお問い合わせはこちら>


TEL.
0869-26-3786

http://miyoshidenko.co.jp/contact


アーカイブ

人気記事