工場設備の改修における電気工事のポイントとは?



こんにちは。

工場や事務所・店舗の電気工事・省エネ工事を手掛ける岡山県瀬戸内市のミヨシ電工です。


工場における電気工事は、新築の場合だけではありません。設備の老朽化や、設備増設あるいは縮小にともなう「改修工事」でも、電気工事は発生します。

その場合、当初から使われていた既存設備をそのまま使うと、本来必要な電気量に対して設備が過剰となり、むだに電気の基本料金を払わなければならないケースも。したがって、事業規模を変更したり省エネ対策を図るのならば、受電設備の見直しも必要になります。




ミヨシ電工は長い業歴のなかで、さまざまなパターンの工場設備工事を行ってきました。お客様のニーズやビジョンに沿って、総合的なご提案をさせていただきます。これから工場の改修や新たな事業計画をお考えの場合は、ぜひお気軽にミヨシ電工までお問い合わせください。


<ミヨシ電工へのお問い合わせはこちら>

TEL.
0869-26-3786

http://miyoshidenko.co.jp/contact



アーカイブ

人気記事