工場に必要な「高圧受変電設備」ってなに?設置する理由と設備の内容

こんにちは。

ミヨシ電工は、岡山県瀬戸内市を中心に、住宅や工場の電気設備工事、更新工事や工場設備メンテナンスなど、幅広い電気工事サービスを提供しております。


毎日大量の電気を使用する工場では、効率良く電力を受け取るために「高圧電力」の使用が求められます。


高圧電力を使うには、工場で使用している機械や設備に合わせて電圧を下げる必要があり、「受変電設備」の設置が必須です。


今回の記事では、「高圧受変電設備とはどんな設備なのか」について解説します。



高圧受変電設備とは?


高圧受変電設備とは、高圧電力の電圧を下げる設備です。


落雷や漏水などの事故による影響を抑える役割もあります。


受変電設備が故障すると変電所の保護装置が作動し、近隣の配電線を停電させ、波及事故が起こってしまいます。



高圧受変電設備はなぜ必要なのか?


工場で高圧受変電設備が必要な理由は、次の3つが挙げられます。



▼工場では多くの電力を必要とするから


工場で大きな機械や設備を動かすために毎日大量の電気を使用し、家庭で使用する何倍もの電力を消費します。


コストを抑えながら大量の電力を効率良く使うためには、電力会社から高い電圧でたくさんの電力をまとめて受け取る必要があります。



▼機器に応じた電圧に変えて使用する必要があるから


工場の中にはいろいろな機械や設備があり、それぞれ必要とする電圧が異なります。


高圧受変電設備を使えば、工場で受け取った高い電圧の電気を各機器に合わせた電圧に変換できるのです。



▼落雷や漏水などの事故による影響を抑えるから


落雷の設備を守るための対策

高圧受変電設備には「避雷器」や「サージプロテクター」と呼ばれる雷による過電圧を防ぐための装置が設置されています。


これにより、雷が当たっても高い電圧が設備に直接流れないようにして、機器の損傷や火災を防いでくれるのです。


漏水から設備を守るための対策

水が電気設備に触れてしまうと、回路がショートして設備が故障したり、人に感電したりする危険があります。


高圧受変電設備には防水構造が施されており、雨や配管の漏れなどで水が入っても、電気設備が安全に作動し続けられるようになっています。



高圧受変電設備の種類と主な設備


高圧受変電設備の種類には「開放型」と「閉鎖型」があります。



▼開放型


鉄パイプで形成されたフレームに、配電盤や遮断器、変圧器、継電器などの電気機器を取り付けるタイプの受変電設備です。


開放型の多くは屋外に設置されます。


増設しやすいメリットの反面、機器が露出しているので環境によっては劣化しやすかったり、保守点検スペースを多く必要としたりといったデメリットがあります。



▼閉鎖型(キュービクル)


高圧受変電に必要なすべての電気機器を金属製の箱(キュービクル)の中に収納した受変電設備です。


環境の影響を受けにくい特長があり、設置面積が少なくて済むだけでなく、充電部が露出していないので開放型に比べて安全性がアップします。


ただし、施設内は狭いためメンテナンスや増設に手間がかかります。



▼受変電設備の主な設備と構成


受変電設備を構成する主な設備は次の通りです。


変圧器(トランスフォーマー)

避雷器

断路器

区分開閉器

配電盤

遮断器

継電器

制御装置

計測機器

低圧配電設備 など


機器によって、約10~20年ごとの交換(更新)が推奨されています。



高圧受変電設備は定期的な点検が重要!


高圧受変電設備には、定期的なメンテナンスが欠かせません。


適切なメンテナンスにより、設備の寿命を延ばし、故障を未然に防ぐことができます。



▼法律によって点検が義務付けられている


高圧受変電設備は、毎月もしくは隔月に1回の「月次点検」と、年に1回の「年次点検」が法律で義務付けられており、電気保安点検のためには「電気主任技術者」を選任する必要があります。



▼点検を怠ることによるリスク


適切な保安点検を行わず事故が発生した場合は、電気事業法第118条により、300万円以下の罰則に処せられます。


機器や設備が故障した場合、長時間の停電や操作不能によって、近隣や多くの会社に影響を及ぼしてしまう恐れも・・・。


工場で停電事故が発生すると、納期に遅れるなどのトラブルで取引先との信用問題につながるだけでなく、波及事故によって多額の賠償金を請求されてしまう可能性もあります。



高圧電力を使用するために必要な「高圧受変電設備」について解説しました。


設置工事や、保守・点検作業は、ぜひミヨシ電工までお問合せください!




創業30年を超える実績と豊富な経験で、あらゆる電気工事に対応


ミヨシ電工は、岡山県に拠点を置き、30年以上にわたり、工場を中心に店舗、オフィス、住宅など、幅広い電気工事を手掛けてきた実績と信頼がございます。熟練の電気工事士が、お客様のニーズに丁寧にヒアリングを行い、最適なプランをご提案いたします。どんなに難しい現場でも諦めず、最後まで責任を持って施工いたしますので、安心してご依頼ください。


  • 30年以上の豊富な実績と経験
  • 工場、店舗、オフィス、住宅など、幅広い電気工事に対応
  • お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案
  • 熟練の電気工事士による丁寧な施工


どんなに難しい現場でも諦めず、最後まで責任を持って施工いたします。