三路スイッチと四路スイッチの違い、ご存知ですか?

こんにちは。


工場電気工事・省エネ工事を手掛ける岡山県瀬戸内市のミヨシ電工です。


▼設備管理者が思わず見たくなる記事

こんな工事も「電気工事」って知っていますか?

電気工事で「工場のコンセントを1個交換して欲しい」と頼んだら断られた


「三路スイッチ」「四路スイッチ」という言葉を聞いたことはありませんか?


ちょっと専門的な用語ですが、実は皆さんのご家庭でも普通に導入されているスイッチで、第二種電気工事士技能試験の候補問題でも毎年必ず出される、とてもメジャーな存在です。




実際、どんな場所に使われているかといえば、たとえば階段の照明。


下の階からでも上の階からでも、ON/OFFができますよね。

このように、双方のどちらからでも操作できるのが、「三路スイッチ」です。


三路スイッチが2箇所から操作できるのに対して、3箇所以上の場所から操作できるよにするのが「四路スイッチ」です。



これらも含めて、一般的なスイッチの配線を図にすると、こんな感じです。




普段当たり前のように使っているスイッチも、その裏にはいろんな工夫があるんですね!




<ミヨシ電工へのお問い合わせはこちら>


TEL. 0869-26-3786

http://miyoshidenko.co.jp/contact