クライアントの信用を守る、「メンテナンス」の重要性

こんにちは!

工場電気工事・省エネ工事を手掛ける岡山県瀬戸内市のミヨシ電工です。


私たちミヨシ電工は設置工事はもちろん、メンテナンスも承っております。

工場はたいてい24時間稼働しますが、1箇所にトラブルがあっただけで、

生産ラインが止まってしまい、生産性や稼働率は落ちてしまいます。


生産が滞ってしまうということは納期に影響が出て、

クライアントに迷惑がかかり、会社の信用も落ちてしまいます。

これらを防ぐ重要な工程が、メンテナンス、設備保全です。




工場にある機械・設備は例外なく、使えば使うほど、

月日が経てば経つほど老朽化して壊れやすくなります。

こればかりはどうしても避けることができません。


では、どうやってメンテナンスをするかといえば、

基本的に、「点検」と「修理」のくり返しです。

定期的に点検をおこない、必要に応じて修理・部品交換などをして、

故障を未然に防ぎます。


同時に、故障の原因追及や再発防止策などを行なっていくことも、

事故の未然防止にとても大切です。


ミヨシ電工は、しっかりとしたメンテナンス計画をお客様とともに作成し、

生産ラインのトラブルを未然に防いでいます。

工場の「不良ゼロ」「故障ゼロ」「災害ゼロ」を、

ミヨシ電工が支えます!


<お問い合わせはこちら>

TEL.
0869-26-3786

http://miyoshidenko.co.jp/contact



アーカイブ

人気記事